Philosophy 

以下は、私たちが映像をつくることを通して多くの人と関わりをもたせていただく中で、大切にしていきたい、忘れないようにしたいと思っている行動規範です。人は感情的な生き物なので、常にすべてのことを守り続けることは困難かもしれませんが、自戒の意味を込めてここにまとめさせていただきます。

Respect リスペクト

日本では「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということわざがあります。これは主に謙虚であることを説く言葉として有名です。誤解されがちですが、謙虚さとは相手のご機嫌を伺うことでも、自分を小さく見積もることでもありません。謙虚さとは、相手への尊敬です。自分の価値観だけにしばられることなく、他者との違いを受け入れるということを、私たちは出来る限り大切にしたいと思います。

Borderless ボーダーレス

私たちは過剰なセクショナリズム・なわばり主義に対して反旗を翻します。ものづくりの中でチームで仕事をするとき、プロフェッショナルの集まりであるほど、他者の領分に対して意見を述べないという遠慮と、自分の専門分野に意見を言われたくないという区分けが起こりがちです。私たちは自分の専門でない分野のことこそ、意見を言い合えるチーム作りを目指します。それは制作チームの中だけではなく、一緒にお仕事をさせていただくクライアントの方や、関係会社の方ともそうでありたいと思います。思ったことがあれば言ってください。私たちも遠慮なく意見を言いたいと思います。

Nature 自然への愛

上記の話からちょっと違った方向に話が飛びますが、私たちは美しい映像を撮るために、たくさんの照明を当てたり、きれいな背景を作ったりと日々いろいろな工夫をしています。しかし、それらの工夫を一瞬で飛び越えてしまうほど、自然が作り出した風景・光・造形は圧倒的な美しさを持っています。例えば、秋の日の夕暮れの色。太陽に照らされた初夏の新緑。人の想像を超える美が自然にはあります。そんな素晴らしい風景がこれからも続くように、自然への愛をもって活動をしていきたいと思います。

 © 2017  inaho Inc.

inaho Inc.は売上の一部を国連UNHCR協会の難民支援活動に寄付させていただいております。